2009年06月11日

木のお風呂

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

唐突ではあるがアトリエDEFのスタンダード、「木の風呂」について。

いつからだったか、ハーフユニットと板壁の組み合わせの風呂が我社のスタンダードとなっています。板はヒノキかサワラ。まれに青森ヒバを採用する。ヒノキの壁です。ハーフユニットはTOTO製。(他にはINAX製があります) 

風呂に無垢の板を使う場合は、一般的は防水や防カビのための保護塗料を塗ります。が我社は塗装はしません。

木の板壁は、多くのお客さんがカビの心配をされますが、すでに数十棟の実績においてその心配はほとんど無いということがわかりました。ただし窓を空けて換気をしっかり行なってもらうという条件付ですが、みなさんしっかりされているようです。

また汚れの心配もよく聞きますが、手入れのことも含めて大きな問題に発展したケースはありません。

ヒノキ、サワラ、ヒバといった耐水性能のよい樹種を選択することは当然として、無垢の木というのは水にも強いものだということを実感させられます。木の持つ油成分はしっかり水気をはじいてくれるんだと思います。

浴槽が木だともっといいのですが、費用の問題やそれ以外の床の仕上げ、防水の問題等々から樹脂製のハーフユニットを選択するケースが圧倒的です。床も石やタイルだととても雰囲気もよく樹脂も使わないのでGOODなわけですが、とても寒くなってしまうという難点があります。風呂の床に床暖房という手段もあるのですが、そこまで費用をかけるべきなのか否か? 

悩みながらまたいろいろチャレンジしていきたいと思います。

木の風呂は実際に住まわれているOBさんたちからも、「いつまでも気持ち良い」と好評です。DEFの家に住めないDEFのスタッフたちは(私もです)、新築祝いなどの際にご好意で風呂を拝借しながら「いつか俺も!」と自邸の新築の誓いをしているようです。

アトリエDEFの「木の風呂」は、モデルハウス「こもれびの家」でご覧になれます。
http://www.a-def.com/komorebinoie/index.html
posted by defstaff at 16:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家の図書館

木のキッチン

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

アトリエDEFはいつも木のキッチンを提案しています。



数年前、家の躯体を無垢の自然素材でつくることはほぼ達成できたときに、「さてキッチンはどうしよう?」ということになりました。
家の中の空気汚染は建物の素材だけでなく、後から置かれるキッチンや家具類からも相当量の化学物質、薬品類の放散が認められます。そういう意味で既製のキッチンはほぼ合板と接着剤でつくられています。デザインがどんなにすばらしく、使いやすいものであってもです。

メーカーともいろいろ話をしましたがなかなか地方の弱小工務店のために仕様を変えてくれるところも無く、海外の木製キッチンメーカーはとてもコスト高で採用をあきらめざるを得ませんでした。

そんな時スタジオママルさんと出会い、合板は使わない、接着剤は膠(にかわ)の無害なもの使いたい、国産の無垢材を使いたい等等のわがままな要望を気持ちよく受け入れてくれ試行錯誤のキッチンづくりが始まりました。ママルさんのHPには我社の施工邸のキッチンが数多く掲載されていますので是非ご覧ください。
http://www.mammal.jp/index.htm


木のキッチンは水に弱い!、木のキッチンは高い!木のキッチンは機能が足りない! 皆さん最初は不安を抱いているようです。

ご安心ください。すでに何年も使っているお客さんが大勢います。
木のキッチンは年数を重ねるごとに風合いを増して愛着が湧きます。すべて手づくりですから部分的な交換もOKです。
コストは引き出しの数や扉をたくさんつけると確かに高くなっていきますが、そういうものを省いていくと意外と安くなります。
機能的にはきちんと専用の金物を使いますので十分クリアしています。
樹種はいろいろ選べますし、細かい寸法も自由です。食洗器やガス台、オーブンなどもそれこそ自由に組み合わせ可能。
そして何よりも木の家のインテリアとしてとても良い雰囲気をかもし出してくれます。いいことだらけです!

オリジナルキッチンについてはコチラをクリック♪
posted by defstaff at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家の図書館

2008年04月14日

含水率(がんすいりつ)

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

木材中に含まれる水分の量を百分率により示したもの。
伐採直後の木材は含水率が高く、乾燥収縮に伴うわれや狂いの原因となるため、乾燥させ含水率を20%程度まで下げて用いる。
含水率は樹種により異なるほか、成長過程である辺材のほうが、心材よりも高い。


含水率を計る機械。含水率計です。
これで樹種ごとに含水率を計測できます。
P1040212.jpg

posted by defstaff at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 木の家のことば

材木の乾燥。乾燥方法(かんそう)

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

家含水率の高い伐採直後の木には、乾燥収縮に伴うわれや狂いが生じやすい。そうした変形帽子を防ぐために、乾燥をした木材を使う。変形帽子のほか、腐朽や変色の防止、加工性の向上、強度の向上、軽量化による輸送コストの軽減など乾燥の役割は大きい。
posted by defstaff at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家の図書館

2008年03月19日

燻煙乾燥木材(くんえんかんそうもくざい)

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

家燻煙木材について
燻煙はスモークサーモン、スモークチーズなどの食品の加工にも使われているように、保存効果があり、人体に害のない煙成分での乾燥です。だからもちろん無公害、安全、安心。
シロアリやカビの害も少ないので、防蟻処理・防腐処理といった農薬・化学薬品類を一切使いません。
煙の成分の中には防虫、防カビ、防腐効果のある物質が含まれています。
何百年も長持ちしている古民家や、囲炉裏のある家のススで真っ黒になった柱や梁。
その秘密は囲炉裏の煙にありました。
昔からの経験を活かしたこの乾燥方法は、近年、科学的にもその効果が研究、指摘されています。
その為、一般的な木材に通常当たり前に施されている、アトピーやぜん息の原因となると言われている、有害な化学薬品処理の必要もありません。
結果的にシックハウス症候群にも対応しうる、うれしい効果がプラスされています。
なお、燻煙乾燥後の材は煙のススで色が焦げ茶色になりますが、カンナをかけて寸法の微調整をするので大丈夫。もとの木目になります。
また、燻煙乾燥の燃料は全て工場から出る端材でバイオマスで行っております。化石燃料は一切使用しておりません。
弊社は「木材」も安全な材料を提供しております。


住まいづくり相談室に質問のあった内容を社長がお答えしたものを転載しました(200803)

質問や相談は、お気軽にどうぞ♪
posted by defstaff at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 木の家のことば

2008年03月11日

背割り(せわり)

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

家断面の比較的大きな無垢の木材に施されている溝。
心持ち材の丸太や角材は乾燥することでねじれや表面にわれが生じることがあり変形しやすい。
偏った変形や割れを防ぐために、あらかじめ樹心までの深さに割れ目をいれておくことを背割りといいます。
通常は楔を入れて、見付けの背面になるように配置します。

w.jpg
posted by defstaff at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 木の家のことば

2008年03月06日

心持ち材(しんもちざい)

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

家樹芯を含んだ材のこと。対して樹芯を避けて製材された材を心去り材という。それぞれが特性をもっっているため、適材適所に使用することが望ましい。

IMG_1013.JPG
posted by defstaff at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 木の家のことば

2008年03月05日

心材と辺材

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

家木には心材(しんざい)と辺材(へんざい)と呼ばれる部分があります。
●心材は樹心近くの色の濃い部分のこと。赤身ともいいます。
木の生命活動を終えた部分で、堅い組織です。
腐れやシロアリに強く良質な部分とされています。
●一方、辺材は心材の外周部分の樹皮に近い部分のことをいい、心材にくらべて色合いが明るく淡いため、白太(しらた)ともよばれます。
木の生命活動が活発な部分で含水率の高い柔らかい部分です。

心材と辺材は性質の違いから心材は構造材に辺材は下地材や造作材になるように製材されます。

maruta.jpg


同じ一本の木でも性質も色身もちがってきます。
木が一生懸命育ってきた証拠です。
posted by defstaff at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 木の家のことば

2008年03月04日

造作材(ぞうさくざい)

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

家造作とは、家に付随する個所のつくりつけのこと。
天井や、床、鴨居、階段や床の間など建物の構造ではない部分のこと。
造作材は、そういった内部で大工が木材で行う仕上げや制作につかう材。
つまり家の中で私たちが触れたり見たりする部分。ということですね。

KiIMGP1720.JPG
posted by defstaff at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 木の家のことば

2008年03月03日

構造材 

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

家柱や梁など、構造上不可欠な部分、骨組みに用いられる材のこと。
一般には壁や天井などで隠れている部分であるが、
天井板を張らずに、梁などの構造を見せた仕上げもある。


IMGP1249.JPG
posted by defstaff at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 木の家のことば